ミドリムシの味は?甘い?苦い?酸っぱい?

ミドリムシ

近年の健康ブームにのって、ミドリムシが注目されています。別名ユーグレナとも呼ばれており、ユーグレナ入りのサプリを始め、青汁やヨーグルト、パンなどの食品も出てきています。

ところでミドリムシと聞くと虫をイメージして、体に入れても大丈夫なのかと不安を感じる人もいるかもしれません。実際のところ、ミドリムシはワカメや昆布と同じ藻の仲間で、植物のように光合成を行って栄養分を蓄える一方、動物のように細胞を変形させて移動することも出来る特徴を持っています。ビタミンやミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など豊富な栄養素が含まれており、吸収率も良い事から健康食品としても注目されているのですが、気になるのがどんな味がするのか?という点です。

まだ一度も口にした事がなければ、甘いのか苦いのか、または酸っぱいのか想像すらしにくいものですが、口にした経験がある人からは「複雑な味」という声が聞かれます。

藻の仲間である事から磯の香りがしつつ、枯草のようなクセのある香り、さら旨味と甘味、塩味も加わっているので、何とも表現しにくいのかもしれません。ただ一つ言えるのは、ユーグレナだけを食して「おいしい」と感じる人はほとんど居ないと言う事です。

苦いとか酸っぱいと感じる事は無いですが、独特な臭みも含まれるので、全体的な評価として「まずい」と判断されるのです。
ユーグレナはカプセルやタブレット、粉末などのサプリで摂取する機会が多いのですが、粉末は水に溶かしてドリンクとして飲むようになってます。他のタイプより配合量も少ないですが、味はダイレクトに感じやすいです。ドリンクとして摂取するなら飲みやすさもこだわって作られていますが、ユーグレナ特有の臭いは感じるかもしれません。

この臭いが苦手な人は、最初からタブレットやカプセルを選んだ方が無難です。特にカプセルは中身が溶け出すまで無味無臭なので、臭いだけではなく味も苦手という場合も飲みやすくなってます。

コメント