ミドリムシは光合成するの?

ミドリムシ

ミドリムシは、光合成を行うことができます。そのため、日光と水、二酸化炭素があれば光合成を行い育つことが可能です。栄養素において生産効率も比較的高く、二酸化炭素が高濃度でも成長することも可能といわれています。

ミドリムシの特徴は、光合成だけでなく、動物と植物の二つの特徴を兼ね備えた生き物であるという点です。緑色の体なども特徴の一つといえるでしょう。光合成を行うことにより体内に栄養を蓄えることもでき、移動に関して細胞を変形させて動物のように移動するということも可能です。このように、植物と動物の性質を併せ持つ生物というのは、珍しい存在ともいえます。サイズ的には小さな微生物のため、体長は0.05mm程度です。

このように珍しい存在であるミドリムシは、多くの栄養素を持つということでも注目を浴びています。人が生きていくために必要な栄養素であり、その大半をミドリムシは含んでいる点からも、先進国、発展途上国などでもミドリムシに対して注目が集まっているといわれています。

栄養補助食品、サプリメントで利用することにより、先進国でも商品化、発展途上国などでも食糧援助という形でミドリムシを利用しており、徐々に認知度も高まりつつあります。

栄養という以外でも、燃料としての関心も高まりをみせています。藻類から作られるバイオ燃料に利用をするという名目で、ミドリムシを利用することで、石油などの化石燃料のように資源の枯渇などの心配せずに済む点や、二酸化炭素の排出量が抑えることにもつながるため、自然環境に対しても温暖化防止効果なども期待できる点からも、バイオ燃料の元として利用することによりメリットは大きいといえます。

このように、さまざまな面から注目を浴びているミドリムシの特徴などをしっかりと掴んでおくことは大切です。自身の生活に関わってくる可能性などもあるためネットなどを利用していろいろと情報収集をしておくというのもいいでしょう。

コメント